スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長嶋茂雄旗杯2回戦―Last stage― ~序章~

2011年11月6日(日)
天気 曇り/雨
気温 20度

岩名第一球場
試合開始 13:00




ザーザー・・・バシャバシャバシャバシャ・・・ザーザー・・・
ザザザーーー・・・ザーザー・・





暗闇の中でかすかにざわめきのような音が聞こえてくる。

騒音では無い。ごく僅かに聞こえてくるだけなのだ。

どこから聞こえてるの?


どこか遠くの・・・そう、あえて言うなら脳みその裏の方からである。

心地いい様でなんだか気になる。



「あ、そっか。。」
ふとぼやけた意識の中で思った。

「夢だ」



「・・・・・・」
「・・・・・・・?」
「・・・・・・・・!?」


「!!」
「!!」

イヤ、違う!
その瞬間に脳みその裏から聞こえていたざわめきがすぐそばに来た。

「雨の音だ!」



そう、今日は大事な試合の日である。
昨日から懸念していた通りまんまと雨が降っていたのだ。

「夢なんかじゃないじゃん」




これから始まる準備の段取りが光の如く脳内を駆け巡った。
だが数分前で寝ぼけていた回路では到底段取りの光が届くわけはなく・・
与えられたのは慌てる気持ちだけだった。


「ヴゥーヴゥーヴゥー・・・」


「ヴゥーヴゥーヴゥー・・・」




そんなのろまな回路に追い討ちを掛けるように、日の出まではまだ時間のある暗い寝室にけたたましい振動音が響く。
まだ寝ぼけたような、覚醒されたような良く分らない思考回路のまま慌てて振動音の発信元を探った。

そして手に触ったその小さく震える物体の側面をカチッと小さなボタンを押した。
動きを封じられた物体からは、「これならどうだ」と言わんばかりに今度は薄く青い光を放ってくる。



その光の帯を掻き分けてそっと画面を覗いた。
「5時・・か」




呟いてもどうにもならない事を呟いて自分に言い聞かせながら既に光を失った携帯を握り、廊下のライトのスイッチを手で探った。
淡い明るさを頼りにベランダの窓までゆっくりと来るとカーテンを細く開けた。

夏の朝なら5時でもそろそろ明るい。
だが11月の夜明けはまだまだ遅く外も暗い。
しかも雨ともなれば月明かりすらも届かない。


・・ザーザー・・・

細く開けたカーテンの隙間から更に暗い空を映すガラス窓を少し動かしてみる。





ザーザー・・・バシャバシャバシャバシャ・・・ザーザー・・・
ザザザーーー・・・ザーザー・・



脳みその裏から聞こえていたざわめきに似た音がその正体をはっきりと現した。
「止むのかな」




今日は大事な試合の日。
昨日から懸念していた通りまんまと降っている雨は今日の試合をどうしようとしているのか。



今日は6年生が最後となる公式試合の初戦である。
言うまでも無く負けた時点で終わりとなる。




ザーザー・・・バシャバシャバシャバシャ・・・ザーザー・・・
ザザザーーー・・・ザーザー・・



静寂を唯一阻止するそれらは相変わらず大きな黒い空から地面へ進入を続けている。


寒さを感じながらもう少し窓を開けてみた。
そして全身に雨音を浴びた。

雨音を浴びながら黒い空間に降り落ちてくる雨の形を捉えようと見つめてみた。
一粒ひと粒の雨を・・・降り続く雨粒すべての形を捉えようとただじっと見つめていた。

行為に意味は無い。
ただじっと雨の形を目で追って居たかった。



今は耳からはっきりと聞こえてくる雨の寂しげな音とは別に、何故か脳みそではなく今度は心の裏の方からあのざわめきが聞こえていたのだ。



まだ明けきらない街並みに時折駆け抜ける車のヘッドライト・・・
そのヘッドライトに照らし出される雨の線・・・


黒い闇、雨粒、ヘッドライト・・・
それらを静かな空間で静かに見続けた。
無意味な行為がそんな正体不明のざわめきを消してくれることをぼんやりと思いながら・・・


2107032.jpg




・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・
スポンサーサイト

no title

スポーツ佐倉予選第二回戦 VS弥勒少年野球クラブ vol.4

4・02 18℃ 曇→晴 15:00

Vol.④「3回」

岩名第一球場




52278.jpg




3回表
フェニックスの攻撃

一人目からフォアボールだ

塁に出れた

でも
もう時はそんな僅かなラッキーでは傾いたバランスを取り戻す事は出来ない処まで来ていた。。。


それでも諦めず果敢に盗塁をし、背番号1番がこの回で1点を取り返した


その後も両者共一生懸命闘った




・・・・・・・・///





ザザザザザザーーーーーーッッッ///



5回の裏の終了と共に両選手達が本塁に整列した


「え?」
「終わり・・?」





『ありがとうございました!!』
『っした―――――ッ!!』





終わりだった。。。

コールド負けっていうやつだ。。。



呆気無かった

悔しいとか、何とかって気持ちを持たないまま幕が引かれた




この歳まで野球と言うものに一切関わりの無い生活を送ってきた者にとって
初めてコールド負けを体験する事となった


「そっか・・・」
「これがコールド負けなんだ」



グレーのコンクリートにめぐらされたフェンス下に選手達が並んでいる
さっきまで穏やかな表情で選手とコーチが温かい日差しの中で語らっていたフェンスだ

今となってはそんなフェンスも、その向こう側に立つ選手達に冷たくバリアをしている様に感じる



あ・・・
あの時何が動いたんだろう・・・

何が動いてしまったのだろう・・・



見えない何かに午前に輝いていた光を奪われてしまった
しかもこんなに呆気ない終わり方で・・・



「そうか・・」

球場向こうの森をボンヤリ瞳に映しながら何となく思った


「あの時感じた漠然としたもの・・・」
「・・・これ。。。だったんだ・・・」


勝ちに心を躍らせていた数時間前にはこんな展開は思っても居なかった
今期になって好調なだけに予想していなかったのだ





心の中で聞こえた言葉。

それは今思えば、このことを察知した警告にも似たものだったのか。。。



ちょっとのきっかけで動き始めてしまった何か。。。
最後までそれを止める事は出来なかった


このままこの先も止められないまま行ってしまうのだろうか。。。。




4月になったばかり
温かさのあった午後もまだ日暮れまでその温もりを保つほどの季節ではない
太陽の日差しを失った空気が肌に冷たくまとわり付いてくる

4月。。。


2日後の始業式を迎えれば新6年生は引退まであっと言う間だ
一回でも多く勝ちを取り、一日でも多くチームメイトとして試合をして欲しい
その為にも負けている場合ではないのだ



高い空に巣へと戻るであろう鳥達が1羽、2羽見える

「もう鳥も帰る時間か。。。」


長かったような短かったような・・・
気持ちが踊ったような沈んだような・・・
複雑な1日が過ぎようとしている


「帰ろう・・」
青いベンチからズレ落ちていた荷物を肩に掛けた

登ってきた階段へつま先を向けた




「ミラクル」

ふっと心の隅のほうから沸いてきた



今年のフェニックスはまだ始まったばかりだ


そう。。
ミラクルはこれから



この球場も夕日を迎えようとしている
3羽4羽と鳥が仲間を誘って飛んでいく


懐かしい風景を感じながらそんな光景を眺めているうちに気持ちが戻ってきた
この広い公園と晴れた空を一巡してきたのだろう


そしてその間にまるでふるいにでも掛けられたように下がった気持ちは落とされ、明るいものだけが残っていた


「負け」は負けだ
なら、負けから学べばいい

学び取った時、「負け」はただの負けではなく
「勝ち」になるのだ



「そうか。。。」

更に思う


「そうか、勝つ楽しみが増えたんだ」と





―・・・・・//


そう思った時、又見えない何かが動いた

見えない何か。。。




だが見えない何かが今、何かわかった

動き始めた見えない何か



それは―――

フェニックスの仲間と勝ち取るフェニックスの物語


いや、この際大きく思う
legend of PHOENIX




フフ・・
「少し大げさかな。。。」


いや、夢は大きいほうがいい
その方が楽しい

心の中で歯がゆくほくそ笑む
そして今度はもう少し強く心で呟いた





『legend of PHOENIX』





巣に戻った鳥達も羽を休めて明日を迎える事だろう

フェニックスも明日を迎える


「不死鳥、か。。。」




不死鳥である限り物語は終わりなく続く




フェニックス・・・
永遠の時を生きるという伝説上の鳥「不死鳥」




その物語は永遠に続く

バットとボールと
上志津フェニックスの仲間がある限り








そしてその物語は伝説になる

legend of PHOENIX






「お疲れさま-」
肩に重みを掛ける荷物を賭け直して挨拶をした

上着のファスナーをキュッと上まで引き上げゆっくりと階段に向けえたつま先を一歩踏み出した


まだ4月
今フェニックスの物語もその一歩を踏み出したばかりだ










そしてその物語はいつか伝説に―――





legend of PHOENIX





フワ。。。

心の中で又爽やかな風が吹いた






――――バットとボールと

上志津フェニックスの仲間がある限り ――――
we are the super baseball team `PHOENIX`







スポーツ佐倉予選第二回戦 VS弥勒少年野球クラブ/END/










スポーツ佐倉予選第二回戦 VS弥勒少年野球クラブ vol.3

4・02 18℃ 曇→晴 15:00

Vol.③「2回」

岩名第一球場




3372359.jpg





バッターボックスに背番号2が大きく翻っている


「下がれーーッ」




少し肌寒さを感じ始めた球場に向こうのコーチの声が轟く

「体が大きいだけに当たれば飛ぶ」
そんな安易過ぎる発想もピッチャーの気持ちを追い込むには十分だろう

と同時に外野にも緊張感が走る


・・・・・・///


音も無く静かにピッチングのモーションへと入っていく

何回と無く繰り返し練習をしてきたであろう、その身に付いたフォーム通りに体が動く

そして顔の横まで上げた肘から一気に腕を振りぬけ、力を与えられた球はキャッチャーミットへと軌道を描く





シュ・・・ッーーー




意を決した一球目が捕手に届いた

「ットラーイッ」






2番、0番と抑えられた後背番号3の打順が来た
2アウト。

焦る気持ちは禁物だがそろそろ塁にも走らせたいとも思う



一球目はストライクだった
二球目もストライクか・・・?
それともボール・・・?

いずれにせよ、落ち着いて見極めれば大丈夫だ

落ち着いて・・・
焦りは禁物・・・



ドクン。。。///

「来い、ミラクル」



投手の目の動きが止まった
その相手を見据えたまま動かない表情とは裏腹に今度は徐々に体が動く



フェニックス陣営が彼の一打を願いながら見守る


投手板と本塁との距離は16メートル


16メート。。。



捕手にとっては長い距離だろう
待ってやっと投手から投げられた球が自分のミットに届く

投手であれば尚更だ
自分の指から離れて自ら放物線を描いて飛んでいく球に、早くミットに入れと願う事だろう

そしてその二者に挟まれた打者にとってはなんと短い距離だと感じるのであろう
自分にめがけて投手の手から飛び出してくる球は、あっと言う間に目前に迫り体の横を通り過ぎようとする。

そんな幾重にも思いが重なる一球



そして

その球をバットが狙った





カキーーーーーーーィン///



決して深い当たりではなかった

ただ少しだけ運が味方していたようだった
まるでこれからの出来事の償いを予めするかのように。。。



ショート方向に飛び出したその球はグローブに捕らえられることはなかった




タタタタッッッ。。。///



ドクン。。。///
ドクン。。。///



「セーーーーーーーーッ!」


やった!セーフだ!!


ドクン。。。///
ドクン。。。///
ドクン。。。///




ついにフェニックスの選手のスパイクが1塁ベースを駆け抜けた
3塁側フェニックス陣営にも活力が一気に吹き返した瞬間だった
2アウト1塁。

今のフェニックスなら「いける」かもしれない
まだ2アウトだ



皆がそんな気持ちの中次のバッターがキャッチャーの前に立った



背番号は5

まだ2アウト
硬くならなくてもいい

いつもの練習通り・・・だ



ドクン。。。///
ドクン。。。///
ドクン。。。///
ドクン。。。///
ドクン。。。///





「ットラーイッ」
3つのストライクが16mを駆け抜けた





投手板と本塁との距離は16メートル。。。///




捕手にとっては長い距離だ
投手にとっては更に長い距離であろう

そして打者にとってはあまりにも短い距離・・・


コーチの元へと引き上げていくナインと入れ替わりにフェニックスナインがマウンドへと走る





2回裏
一人目から積極的に打ってくる

やはりバッティング力のあるチームのようだ

ミスも無く一人目は抑えることは出来たもののバットに当ててくる
二人目がセカンド方向へ打ち抜き、2塁まで走られた






「あ・・・」

整えられたマウンドの中で見えない何かが少しだけ動いた気がした




それは澄み渡った春の空を一瞬さえぎった雲だったかも知れない

若しくは首筋をかすめた少し涼しくなった風かもしれない


ただ・・・
このとき確実に何かが動いたのだった



その時の出来事が思う方に行かなくても、その経験を生かせればいいだろう
前に向かう一歩の原動力にすればいいのだから

その時に満足して立ち止まって溺れるより
力強い一歩を踏み出した方がいい


経験と知識と技術は得た者のみが得られる最大の財産であると思う





4番目の打者が3塁まで回る間に2塁に居た走者が本塁に帰って来た
2アウト1点先取



動き出した見えない何かはそのまま動き続け、結局この回は3点取られた形で終了となった





その時の出来事が思う方に行かなくても、その経験を生かせればいい
前に向かう一歩の原動力にすればいい



まだ2回裏が終わっただけだ
3回表、打って走って攻めればいい

世の中に「絶対」なんてないのだから
自分への・・
自分達への原動力にすればいいのだから



だけどそんな願いも時には悪戯にただ空を彷徨う時もある
もしかしたらこの時がそうだったのかもしれない


宇宙を彷徨う彗星の如く・・・







スポーツ佐倉予選第二回戦 VS弥勒少年野球クラブ vol.2

4・02 18℃ 曇→晴 15:00

Vol.②「1回」

岩名第一球場




863737.jpg





シュ・・・ッーーー
 
ゆっくりとした構えのピッチャーから第二投目が放たれた。

指先から離れたボールが真っ直ぐキャッチャーのミットに収まる。



主審の右腕が青空に向かって上がった

「ットラーイッ」


ストライク・・・


まだ試合は始まったばかり
向こうの様子を見るのにはいいだろう

バッターもピッチャーもまだお互いに緊張している
そしてそれはキャッチャーを含む他の選手も同じ事だ

緊張感を制するのも実力の1つだろう

焦らずこなしていけばいい

そうすれば今のフェニックスには次への切符が付いてくる

落ち着いて焦らず・・・



決して大柄ではないピッチャーが足を上げた
ゆっくりとした動作で構えのフォームに落ち着く

そしてそのグローブに重ねたボールをギュッと握り締めた



フ・・ッ///

一呼吸整える



シュ・・・ッーーー///  

次の瞬間、3投目が細い指先から放たれた





カキーーーーーーーィン///



「ッウトォーーー」




背番号6打者のバットは向かって来たボールを狙ったが塁には出るには至らなかった

「まだまだこれから」

1アウト。


次は背番号1だ。

今のフェニックスなら「いける」


来い!「ミラクル」。。。。




一本目はストライク

目を球速に馴らした処で第二球目はバントに当てた

2アウト。



打者は背番号10に代わる

立て続けのストライク2本を投げてきた




3投目。。。

カキーン・・//

「ファーーゥル」
ボールの流れにバットが合う

塁までもう一息だ


4投目「ボーーゥ」
主審の声が聞こえる

そして5投目
お互い相手の事も見えてきている

そう思っていた時、背番号1の体が大きく弧を描いた

振りぬかれたバットに追いやられた球はセカンドへと方向転換をする

だがその勢いはセカンドの守りからファーストへ送られることによって阻止されてしまった

3アウト。。。


一回の表、フェニックスの攻撃は終えた


次は攻撃を受ける番。。。

抑えられたら抑え返す



どう攻めて来る?

どう攻められてもいい
どう攻められても守ればいいのだから



「よし、来い!」

こっちは準備なら午前から出来ている

午前の試合の匂いをそのまま引き継げばいい
あの感触をもう一度そのまま再現すればいい


バッターは背番号5

少し小高いピッチャーマウンドにピッチャーが静かに立っている
長い手足から繰り出される球は離れた観客席から見ているより遥かに脅威なハズだ
しかも球速もある



投手の目がキュッと引き締まる


その動作に合せるかのように打者は腰をクッと引き締めた



「ットラーイッ」 !

「ットラーイッ」!!


2投続けてのストライクだ
こちらも負けてはいない

一球ボールを置いてストライク

1アウト。


「さすがだ」
フェニックス陣営のみんなが心で思った


その後も3番打者に1塁には出られるものの難なく抑え一回の裏の守りをこなした

「でも・・・」




一瞬、髪を通って頬に当たる空気がヒヤリとした

どうやら少し日差しが陰った様だ
この時期は天候が変わりやすい

「暖かいままならいいのに」
と呟きながらさっき脱いだ上着に袖を通した




「でも・・・」
温もりを被服外に逃さない様に体を少し丸めながらマウンドに目を落とした



今期、対戦してきたチームよりバッティング力はあるかもしれない。。。



さぁ、2回表が始まる

バッターボックスには恵まれた体格の背中に2が見えた




********************************************************


【余談】
不慣れな上につたない文で申し訳ないと思いながらも書いています。どうぞこれからも宜しくお願い致します。

【追記】
何か気になる事がございましたらご意見下さいませ。
(・・・温かいお言葉だけあり難く頂戴したいと思いますo((=゚ェ゚=))o)
プロフィール

kamisizu phoenix

Author:kamisizu phoenix
上志津フェニックスは上志津小学校地区及びその近隣の児童を中心とした野球が大好きな少年・少女で構成された軟式野球チームです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。